導入をご検討の方へ
  1. 採用管理システム リクログ TOP
  2.  > 
  3. 導入をご検討のお客様へ
  4.  > 
  5. コラム「マーケティング視点で考える人材採用」

コラム マーケティング視点で考える人材採用

7

採用マーケティングの“ロングテール”

「ニッパチ(2:8)の法則」や「パレートの法則」という言葉は採用に限らず、マーケティング全般でも耳にする機会は多い。「業績上位2割の営業が全体の8割の収益を稼ぐ」や「上位2割の顧客で利益の8割を得ている」など、様々なビジネスシーンで見られる側面の一つである。(続きを読む…)

6

採用マーケティングの今後

~今、何を備えるべきか~

前回(2009年4月掲載 第3回)のコラムでも述べたとおり、マクロ人口動態における総人口及び労働人口減が加速している。
総務省統計によると、2011年の人口は前年より約26万人減少し1億2779万9000人で、減少幅は過去最大。これまでは多くとも数万人/年の減少幅で、総人口に対して0.02%程度の減少幅であったが、一気に10倍近くの0.2~0.3%になっている。(続きを読む…)

5

人口動態から見る採用マーケティング(2)

~超少子高齢化社会におけるモザイク職場の有効性~

引き続き、少し具体論に入っていきたい。
前回も触れたとおり、日本の総人口の減少に伴い、労働人口も2005年をピークに減り始めている。労働人口×一人当たりの給与所得の積は内需にも非常に強く影響するため、一人当たりの給与所得が急激に伸びない限り、当然、内需は落ちていく一方である。ではこの環境下、我々企業は持続成長や事業運営のための人材を確保するために、何をすべきか? (続きを読む…)

4

人口動態から見る採用マーケティング(1)

~超少子高齢化社会におけるモザイク職場の有効性~

「人口構造の推移は事業を行う上での基礎や前提となる」
かの著名な経営学者P.F.ドラッカー氏は、著書の中で複数回にわたって同義のことを論じておられる。90年代に書かれた「ネクスト・ソサエティー」などの著書の中でも、来るべき高齢化社会や若年人口減少の中での高付加価値若年労働者のリクルーティングの難しさについて触れている。 (続きを読む…)

3

【いい人】の落とし穴

「はじめに」の冒頭でも触れたが、経営者もしくは人事の方が異口同音に仰るのは『いい人が採用できれば事業は成長する』ということである。 (続きを読む…)

2

採用は、コストセンターではなく、プロフィットセンター

当社は創業以来、1000社を超える企業経営者の方や人事の方々とお付き合いをしてきた。その中でほとんどの経営者が、「人材採用」は「生産活動」であると認識されている。 (続きを読む…)

1

はじめに~人材採用は「生産活動」

当社は創業以来、1000社を超える企業経営者の方や人事の方々とお付き合いをしてきた。その中でほとんどの経営者が、「人材採用」は「生産活動」であると認識されている。 (続きを読む…)