導入をご検討の方へ

中途採用業務のフローと課題

中途採用業務における課題を、「リクログ」で解決へ。
採用選考の各フェーズ [採用計画、応募、面接、選考、効果測定 等] で起こるお悩み事 [煩雑業務の手間・非効率、セキュリティ管理が甘い 等] を、リクログの機能で解消・効率化し、本来業務や属人的業務に時間を振り向けましょう。

採用計画を立てる

中途採用の場合は、計画的な採用よりも「欠員補充」のような突発的で緊急度の高いケースの方が多いでしょう。人事・採用部門では、いつでも中途採用ニーズの発生に応えられるよう、経営戦略・事業戦略・自社の強み・社風などの情報を整理しておくほか、採用広報手段の情報収集などの準備を行っておくといいでしょう。

採用広報の手段を決める

中途採用では、募集背景、採用広報手段、職種、雇用形態などのニーズに応じて、適する採用広報手段は大きく異なります。母集団形成にあたっては、まず「採用目的・背景」「求める人物像」「自社の強み」を明確にします。
広報手段の特性はそれぞれ異なりますので、特長を把握した上で、最適な広報手段や打ち出し方を選択します。

応募情報を管理する

応募方法にあわせて、社内で準備をします。
とくに電話応募の場合は、事前に社内へ告知をしておくほか、受付を担当する係を決めておくなどの社内業務フローを決めておきます。
電話応募や郵送の場合などは、書類の紛失や情報漏えいなどのないよう、応募情報の管理方法には十分気を遣わなくてはなりません。

選考を行う

応募者数の多いことが予想される場合は、説明会を開催して一次選考を行うこともありますが、通常は応募者ごとに個別に選考を進めていく形となります。
そのため、採用の業務フローが複雑になりがちですが、システムなどを活用して効率的にスピーディに選考業務を進めることが大切です。