導入をご検討の方へ

新卒採用業務のフローと課題

母集団形成から説明会、書類選考、面接、内定、入社まで、新卒採用における一連の採用業務フローで発生するタスクと陥りやすいポイントについてピックアップしました。

採用計画を立てる

経営課題・事業戦略に沿って採用目的・目標を明確化し、人材採用戦略の全体設計を行います。「求める人物像」「企業の魅力」を明確にし、採用戦略を設計することで、最大効果をあげる募集広報と選考フローを作り上げます。

採用広報の手段を決める

多様な採用広報手段の中から、自社の人材採用戦略に合った最適な方法を選択します。最もポピュラーな集客手段は求人ポータルサイトですが、サイトによってサービス内容、ページビュー数、掲載価格などの特性は様々です。

会社説明会(セミナー)運営を行う

採用説明会(セミナー)は動機形成の重要なポイントです。学生に自社への興味を抱かせるための企画を立案し、その企画に沿って説明会の事前準備を行います。段取り、会場や人員の手配、各種ツール作成、アセスメントツール手配など、周到な準備が必要です。

応募情報を管理する

新卒採用では応募者数が非常に多く、複数の人が業務に関与するため、応募情報や選考情報の管理が煩雑です。採用業務の効率化のためにも、情報の管理方法は重要です。また、非常に機密性の高い個人情報ですから、セキュリティには細心の注意が必要です。

選考を行う

面接・選考にはリクルーターをはじめ多くの方が関与しますので、情報共有やコミュニケーションを円滑に行える業務フロー設計が必要です。また、動機づけ・口説きを行う絶好の機会ですから、面接官トレーニングなどの採用力対策が有効です。

内定者フォローを行う

内定辞退が企業の人事部門の大きな関心事となっています。内定辞退対策として、懇親会や集合研修、レポート提出といった従来の方法に加えて、近年ではインターネットを活用した内定者フォローSNSやブログなどが多くの企業に採用されています。

採用業務を客観的数値で可視化する

採用業務はシステム化の難しい領域。まだまだ多くの企業で、「勘」や「経験」に頼った施策が行われています。採用業務を客観的な数値で可視化し、仮説・検証を繰り返すことによって、より正確な効果測定が行われ、ノウハウの蓄積にもつながります。