導入をご検討の方へ
応募者情報の管理

応募者情報を一元管理し、
採用業務を効率的に。

機能概要

リクログは、自社採用サイトからのエントリーだけでなく、各種求人媒体の応募者データをインポートして、全応募情報を一元管理することができます。
取り込んだ応募者データの重複チェックも容易に行え、業務を大幅に効率化します。

全経路からの応募者を同軸で管理できるので、例えば経路別に歩留まり率を比較することも可能。
ある経路の応募者を抽出して、その方々だけに一斉メール送信することも可能です。
リクログ上の応募者データは、各ユーザーがアクセスできますが、ユーザーの役割に応じて閲覧できる範囲に制限をかけることができ(ユーザ権限設定)、効率的かつ安全に応募者情報を管理できます。

  • 忙しくて、面接・選考など大切な業務の時間が足りない。

    リクログで、応募受付、情報入力、説明会や面接予約の手配、リストやレポート作成などの時間を大幅に短縮できます。
    応募者との接触など、より重要度の高い業務に時間を割り当て、採用の質向上を実現してください。
  • 応募者の重複チェックなどの作業に時間がかかっている。

    氏名、生年月日、住所など複数項目でのチェックおよびデータ統合の機能を実装しています。
    異なる応募経路からの応募者や過去選考者のなかに、同一属性の応募者がいないかを洗い出し、重複が認められる(同一人物の可能性がある)場合に、上書き・削除によりデータを統合することができます。
    1人1登録」で管理することで、選考業務の混乱を避け、複数回対応する手間を省きます。また、過去の経緯を踏まえて選考を進められるため、選考の所要時間を短縮でき、応募者対応がスムーズです。