導入をご検討の方へ

人事・採用 用語集

「暗黙知」とは

「暗黙知」とは「経験知」と同義で、個人的な経験や勘などによって形成される、言葉にできない、または言葉にすることが難しい知識のことを言う。「暗黙知」は「形式知」という言葉との対で用いられる事が多い言葉で、「形式知」とは、言葉や文章、図表、数式などで説明・表現することができる知識のことを言う。

人材採用の分野は可視化・数値化が難しいため、各採用担当者の「暗黙知」によるって運営・意思決定されるケースが多い。しかし近年、採用支援システムの導入によって、定量的なデータに基にした分析や意思決定、情報共有が浸透しつつある。