導入をご検討の方へ

人事・採用 用語集

「イーアルピー(ERP)」とは

【ERP(Enterprise Resource Planning)】

財務/会計、人事、製造、物流、販売などの企業内の経営資源に関する情報を統合し、有効活用するための経営手法・コンセプト。これの実現を支援するため複数の業務アプリケーションを統合したシステムをERPパッケージと呼ぶ。ERPパッケージは企業内の各部門間の情報の流れを促進し、企業の外部の利害関係者とのコミュニケーションを円滑にする。

通常ERPパッケージは次のような特徴を持つ。

・経営に関する重要な指標をリアルタイムで可視化する。
・企業の日常業務で発生するデータを一元管理する共通データベースを持つ。
・導入にはIT部門によるアプリケーション構築作業やデータ統合作業を必要としない。

ERPパッケージの本質的な利点は、多種多様な業務プロセスやデータを統合し可視化することで業務を効率化することにある。ERPパッケージを活用することで、ミスを回避しながら迅速に意思決定を下すことができる。一方、欠点も指摘されている。ERPパッケージに合わせて業務プロセスを変更した結果、企業の競争力が損なわれてしまう可能性がある。また、完全に独立している事業や業務を統合することで不要な依存関係が生まれ、逆に業務が非効率になってしまう場合もある。