導入をご検討の方へ

人事・採用 用語集

「オープンエントリー制」とは

採用時において、学歴(学校・学部)や地域、性別等の差別無く入学希望者が採用プロセスにエントリーできる仕組み。

日本では、1991年にソニーが新卒採用の応募用紙に学校名を記入させない仕組みを導入したことをきっかけに注目されるようになった。

なお、オープンエントリーには、元来「公募」という意味があり、新規事業の推進者を社内から募集する仕組み(社内公募制度)を「オープンエントリー制度」と呼んでいる企業もある。