導入をご検討の方へ

人事・採用 用語集

「試用期間」とは

事業主が労働者を正式に採用する前に、試験的に雇用する期間。労働者の働きぶりや適性を評価した上で本採用するかどうかを判断するために、1ヶ月~6ヶ月程度試用する期間を設ける。試用期間中も、社会保険や時間外手当(残業代)は適用される。試用開始14日以内は、予告手当を支給せずとも即時解雇が可能(労働基準法第21条)。試用期間中の労働契約の解除、または本採用を拒否する場合、本採用後の解雇に比べ広い裁量権が認められているが、正当な解雇事由が求められる。