導入をご検討の方へ

人事・採用 用語集

「定年後再雇用」とは

60歳を過ぎた定年後、新たな「雇用契約の締結」を行って引き続き雇用する制度。

この制度が生まれた背景には、厚生年金の支払い年齢の引き上げがあります。制度改正以前は支払い年齢は、一般の企業が定める定年年齢と同じ60歳とされていましたが、1994年の年金改正により65歳に引き上げられる事となりました。このため、定年から年金支払いが開始となる65歳まで、5年間の空白期間が発生することとなり「60歳定年」は実情に合わない制度となりました。また、高齢化社会となり、60歳以上も働き続けたいという高齢者も増えています。

こうした事情を背景に、「改正高年齢者雇用安定法」が成立しました。この法改正では、

①定年をなくす
②年を65歳までに引き上げる
③「定年後再雇用制度」を導入する
のいずれかの実施が義務付けられました。上記の中で最も企業の人件費負担の少ないのが、③の「定年後再雇用制度」であるため、導入する企業が増えています。


高齢者の再雇用に関連するコラム
 コラム「マーケティング視点で考える人材採用」 > 超少子高齢化社会におけるモザイク職場の有効性