導入をご検討の方へ

人事・採用 用語集

「パレートの法則」とは

イタリアの経済(社会)学者ヴィルフレート・パレートが提唱した所得分布の経験則。経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという説のこと。2:8の法則とも呼ばれる。
具体的例としては、
 ・全体の2割程度の高額所得者が社会全体の所得の約8割を占める。
 ・企業内で80%の売り上げを支えているのは20%のスタッフである。
など。
品質管理で使われるパレート図、在庫管理で使われるABC分析などもこの原理に由来する。