導入をご検討の方へ
  1. 採用管理システム リクログ TOP
  2.  > 
  3. 導入をご検討のお客様へ
  4.  > 
  5. 他社製品からの切り替えを検討のお客様へ

他社製品からの切り替えを検討のお客様へ

「リクログ」は、導入社数600社を超え、多数の求人企業様の採用成功に貢献している 採用管理システムのスタンダードです。多くの企業様に選ばれてきた主な理由は、
  ・採用部門で生じる様々な課題やお悩みに対応しうる豊富な機能
  ・画面表示の分かりやすさ・操作性の良さ(使いやすさ)
にあります。

ここでは、他社システムと何が違うのか、リクログの主な特長を5つご紹介します。

ここが違う!① コストをかけずにカスタマイズ
ここが違う!② 採用ご担当者様が使いやすい管理画面
ここが違う!③ 豊富な人材紹介会社管理機能
ここが違う!④ 費用対効果測定や歩留り分析
ここが違う!⑤ 煩雑な応募受付も効率的に管理


他社製品と比較! リクログの主なメリット

コストをかけずにカスタマイズ。貴社の選考フローに最適化

採用システムの仕様が選考フローに合致せず、かえって業務が複雑になったり非効率になったりしていませんか。
リクログなら、導入後に想定外のシステムのカスタマイズ費用が発生するような事はありません。
カスタマイズすることなく、貴社の選考フローにあわせて、設定を最適化することが可能です。

  • 実際の業務とシステムの仕様が異なるため、
    二度手間になってしまい、結果的に業務が複雑になってしまっている

    業務内容をシステムにあわせて変えるのでは本末転倒です。
    リクログなら、貴社の業務にあわせて、選考フローの設定を柔軟に変更できます。

「採用担当者 視点」の、使いやすい選考管理画面

リクログは、多くの企業様に対するコンサルティングや採用支援を手がけてきた「人材採用のプロ」が、その実績やノウハウをベースに「いかに採用業務を効率化するか」を第一に考えて設計・開発されたシステムです。
採用の現場で起こりうる様々な問題に対応することを想定した、まさに“かゆいところに手が届く”システムです。
例えば、企業それぞれの選考フローの違いなどにも柔軟に対応が可能です。

  • 応募者の選考状況を一覧でチェックできないので不便

    リクログは、選考状況は一覧で表示します。
    個別の応募情報画面を一つずつ開かなくても、最大100名まで、同一画面上の一覧でチェックできます。
    また、応募者ごとの画面では、応募者に関する全情報を一つの画面に集約していますので、効率的に業務を進めることができます。

  • 応募者管理画面で、選考ステータスごとに仕分けできない

    リクログなら「応募」「選考中」「内定」「選考終了」などステータスごとに分けて管理できます。
    また、これらの各選考ステータスは、貴社の選考フローにあわせて設定・変更いただけます。

  • 選考結果の評価項目を変更・カスタマイズできない

    リクログの評価項目は、「合格」「不合格」に限らず、自由に設定いただけます
        リクログにあらかじめ登録されている評価項目だけでなく、貴社の選考フローにあわせて、例えば「保留」「書類受領後判断」なども、自由に追加いただけます。

  • 重複応募者のチェックができない。または重複チェック機能はあるが不十分。

    リクログなら、複数の条件項目を掛け合わせて、重複チェックができます
    例えば「応募者名」「メールアドレス」に加えて、「生年月日」「電話番号」「学校名」などを条件条件に、掛け合わせ検索・重複応募の洗い出しを行えます。チェック対象も「応募者」「選考者」「内定者」「終了者」を選んでいただけます。
    これらのしくみにより、精度の高い正確な重複チェックを実現しています。
    また、システムの検索スピードを向上させ、より簡単に重複応募のチェックができる「ライト重複チェック機能」もあります。

豊富な人材紹介会社(エージェント)求人管理機能で、煩雑業務を解消

人材紹介会社経由の求人案件管理も、リクログ上で一元管理。
人材紹介会社との連絡を自動化し、紹介会社の案件管理を効率化する「人材紹介会社連携 効率化機能」を実装しています。人材紹介会社との連絡にかかる手間を、大幅に削減します。

  • 各人材紹介会社(エージェント)への連絡を個別に行うのがとても煩雑

    リクログの「人材紹介会社連携効率化機能」には、各紹介会社とのコミュニケーション支援機能を装備しています。
    新しい求人案件を公開・変更すると、自動的に人材紹介会社へ通知されますので、個別に連絡する手間がかかりません。
    また、紹介会社担当者専用の画面(人材紹介会社専用画面)を発行すれば、画面上で常時ご確認いただけます。進捗状況を確認するためにその都度連絡をとりあう必要もありません。

求人媒体ごとの効果や、歩留りの詳細分析

「リクログ」の「ログ」はLogデータ(利用状況などの記録をとること)を意味しています。リクログで蓄積した採用業務のデータを、様々な切り口で分析することで、これまで見えなかった課題・問題を可視化できるようになります。

  • データ分析機能が自社の要望を満たしていない
    もっとさまざまな角度から効果測定を行いたい

    リクログに標準搭載の分析・集計機能はもちろん簡単で便利ですが、分析と効果測定をより詳細に行う場合には、ご指定の条件項目でデータを抽出・CSV出力し、より綿密に様々な角度から、分析を行っていただけます。
    弊社では、ご要望に応じて貴社のニーズにあわせたExcelマクロシートの作成(オプションサービス)も承っております。リクログとマクロシートの連動で、アウトプットのスピードアップを実現します。

多経路から多職種への応募を、効率的に受付管理
複数の応募フォーム設置が可能

収集すべき応募情報は、職種などによってケースバイケース。
たとえば職種ごとにエントリーフォームの入力項目が異なる場合も、複数種類の入力フォームを設置できます。

  • エントリーフォームを1つしか設置できない

    採用ページに設置するエントリーフォームは、1つで十分とは限りません。募集経路や募集職種が複数にわたっている場合、エントリーフォームの入力項目もそれぞれ異なるケースが多くあります。
    リクログなら、募集職種ごとに最適なエントリーフォームを設置することも可能です。
    各企業様ごとのご要望に柔軟に応じ、最適化できるのがリクログの特長です。

    なお、リクログシステムへの応募登録可能者数には上限がありません。データ量がいくら増えても追加課金が発生しないこともメリットの一つです。