導入をご検討の方へ

利用シーン別活用例

応募者管理の効率化

エントリーを自動振り分け。
応募者管理を効率化。

【採用概要データ】

社名:A社 | 業種:福祉・介護 | 従業員数:2500人 | 採用担当者数:10人 | 採用数:100~200人 | 種別:中途採用

導入の背景

多岐にわたる募集職種の管理と
情報共有の不足がもたらした労力の浪費。

職種・雇用形態など募集種別が多岐にわたるため、応募者のデータ管理や面接・選考の進捗管理に非常に手間がかかっていました。また、全国の各拠点で行われている採用活動において、拠点間での情報共有や連携が行われていなかったため、コスト面や労力面での無駄が生じていました。

課題と解決策

応募データを自動的に分類し、
リアルタイムでの情報共有も実現。

A社では、全国の各拠点において雇用形態・募集職種など多岐にわたる募集を同時進行で行っています。それぞれ雇用形態によってフローが異なるため、まず応募者をフロー別に振り分けなければなりませんが、この作業がとても煩雑。応募受付業務の効率化が第一の課題でした。

そこで、採用ご担当者様に選考フローについて詳細にいたるまでヒアリングを行いました。解決策としてご提案したのは、応募データ区分けの自動化。A社の選考フローにあわせて雇用形態別に応募者を区分できるよう、エントリーフォームを「正社員」「契約社員」「派遣社員」「パート」といった雇用形態ごとに設置しました。

これによって、応募受付の業務を軽減できただけでなく、選考の進捗管理も効率的に行えるようになり、応募段階で要していた工数を大幅に削減できました。

もう一つの課題は、各拠点での選考情報の共有。リクログ導入によってこの問題も解決しました。リクログなら、本社の人事部門での採用とは別に部門ごとに行う募集情報も、同じシステム上で管理できるからです。ユーザー別に細かく閲覧権限の設定を行うことができ、安全かつリアルタイムの情報共有が実現しました。

導入の成果

全社の採用コストを削減すると同時に、
報告資料の作成も簡単に。

選考管理のシステム化によって、全国の選考の可視化が可能になり、つねに最新の情報を取得することから採用の効率化を実現できました。これまでは正確に把握できていなかった部門ごとの採用コストを本社人事部門が把握でき、採用コストの削減に貢献することができました。 また、導入前には課題として挙がっていなかった採用の進捗や結果などの集計・レポート作成も簡単に行えるようになり、報告用資料の作成にかかっていた工数削減にもつながりました。