導入をご検討の方へ
採用管理システム「リクログ」TOP > 
  • 導入をご検討のお客様へ
  •  > 利用シーン別活用例 > 求人媒体掲載のコストパフォーマンスを向上

    利用シーン別活用例

    求人広告のコスト削減

    媒体別費用対効果測定で、
    媒体掲載のコストパフォーマンス向上。

    【採用概要データ】

    社名:E社 | 業種:ウェディング | 従業員数:1000人 | 採用担当者数:8人 | 採用数:30~50人 | 種別:中途採用

    導入の背景

    全国各拠点の選考結果をすぐに把握して、
    求人媒体の効果測定を行いたい。

    E社では全国の各拠点で中途採用を行っています。募集手段として求人媒体を利用していますが、各拠点から本部に選考結果が届くまでタイムラグがあり、効果測定は行っていませんでした。何となくいつも同じ募集媒体を使っていましたが、競合との差別化を図るためにも「募集方法の見直しが必要では?」という声が人事・採用部門の間であがっていました。

    課題と解決策

    媒体効果測定をスピーディに行え、
    求人掲載のコストパフォーマンスを向上。

    全国各拠点の採用結果の集計と効果測定を手作業で行っていては、非常に手間とコストがかかる上、タイムラグが生じてしまいます。そこで、面接官への依頼や選考結果のフィードバックを含めてすべてオンライン上で完結し、面接終了後に選考結果が即時に人事部に伝わる仕組みをご提案しました。

    リクログ導入によって、最終選考結果をもとに応募者の歩留まりや採用率を媒体別に集積し、媒体の効果測定を行えるようになりました。

    リクログの媒体別費用対効果測定を活用して、実際に媒体にかかった費用を管理すれば、1名当たりの採用コストも同時に算出できます。また、職種別に媒体を使い分けるというような管理形態も実現できます。

    導入の成果

    費用対効果の高い媒体を選んだ結果、
    歩留まりも向上。

    媒体別・職種別に費用対効果を可視化でき、より効果的な媒体選択を行えるようになりました。選考結果の報告漏れなどもなくなると同時に応募者へのレスポンススピードもあがり、その結果、応募者の歩留まりを向上できました。