機能・サービス紹介

情報の漏えい防止は、企業の信用に関わる重要課題。採用業務では、個人情報や非公開求人情報、選考評価など極めて機密性の高いデータを扱う為、細心の注意と最大限の対策が欠かせません。そのため多大な手間とコストが掛かることも。その点、リクログなら安心。データの暗号化やアクセス制限、24時間有人監視など、万全のセキュリティ対策が施されています。

SSL通信を標準で採用

セキュリティ対策① エントリーシートにSSLを採用。
セキュリティ対策② 応募情報を暗号化。

リクログで公開するエントリーシートは、SSL通信(ベリサイン社の128ビット暗号化技術)を標準で採用しています。企業単独で暗号化のコストをかけずに、安全なエントリーフォームなどを作成・活用することが可能となっています。


ユーザー別閲覧権限設定

セキュリティ対策③ 管理者権限を利用用途ごとに詳細に設定可能。
セキュリティ対策④ 全ユーザーのアクセスログを記録。

ユーザーの利用用途に応じたアクセス制限を設定することができます。例えば「ダウンロード権限は一部ユーザーに限る」「メール送信は管理者しかできない」などの細かな設定により、利便性を損ねずに情報漏えいのリスクを軽減します。
ユーザーのID・パスワードが発行されアクセスログがすべて保存されるので、万が一のトラブルの際も、ユーザーからの開示要求に対応できます。


リスクマネジメント(個人情報漏えい保険)

個人情報漏えい保険で損害補償。

万が一、リクログから応募者の個人情報が漏えいした場合、法律上の損害賠償金支払いなどによる損害が最大1000万円まで補償されます。