導入事例紹介
  1. 採用管理システム リクログ TOP
  2.  > 
  3. 導入事例
  4.  > 
  5. レバレジーズ株式会社様

レバレジーズ株式会社様

  • 【採用概要データ】
  • 業種:インターネット関連
    種別:中途採用・アルバイト採用

多数の求人媒体や紹介会社から届く応募情報…。
情報の集約と管理に悩まされる日々から解放!
リクログでらくらく一元管理。

レバレジーズ株式会社はインターネットメディアを軸に、人材アウトソーシング、転職エージェントなどの事業を、国内14拠点で展開している企業です。各領域の専門分野に長けた人材でチームを組み、抜群のスピード力で成長。増収増益を続けてきました。

創業10年目の今年は、いわば第二次創業とも言える本格的な事業拡大期を迎えています。
各事業でポジションが急増し、優秀人材獲得にむけて活発に採用活動中です。
この機会に、同社の中途採用を支えるリクログについて、実際のメリットと効果をお訊ねしました。

求人媒体の管理画面から、自動的かつ定期的に応募データをインポート

―― かつては応募者の情報管理に随分ご苦労されたとお聞きしました。

人事部 堀江様 : はい。リクログを導入するまでは、各求人媒体の専用管理画面で応募者の情報を見て、Excelの管理表へ転記(手入力)していました。
求人媒体は7~8つくらい利用していて、それらを管理する当社の担当者は一名のみ。
彼女が、毎回3時間位かけて、地道に転記を行ってくれていました。

非常にセンシティブなデータを手入力するわけですから、この上なく緊張感の高い作業です。どうしても、人がやることなので、入力ミスが起こることもありました。なので、ミスチェックをしたり、時にはイレギュラーな応募情報の対処に時間がかかって、二重三重の工数が発生することもしばしば。
それによって他の業務が圧迫されますし、本業務の効率化が早急に取り掛からないといけない課題でした。

しかし、それらの苦労も リクログのデータ取込み代行サービスを使いはじめて、解消できました。
担当者を増やすこともなく、少数精鋭の体制のまま、業務をスムーズにできました。

■ リクログの応募者データ取込み代行とは

外部の各種求人媒体に届く応募者データを、定期的にリクログのシステムへ取り込むサービス。リクログで構築した自社採用サイトからの応募者も含め、全応募者データの一元管理を可能にします。


―― 少数精鋭ですから、ルーチン業務の手間と時間の問題は重要ですね。そのほかに、リクログのどの点に効果を感じていますか?

堀江様 : 一元管理のデータから分析用レポートを作成することがあるのですが、リクログは あらゆるデータをCSV出力できるので役立っています。リクログ導入の決定打となったのも、この機能でした。

以前利用していた管理システムは、データ集計の機能はあったものの、集計したい項目(例えば応募経路、書類判定結果[S/A/B/C]、結果理由、面接日時と合否など)がテキスト形式でしか出力できなかったんです。思いどおりの指標でレポートを作るのに、とても手間と時間が掛かりました。

リクログを使い始めてからはCSVで出力できるので、活用しています。

使ってみて便利さを実感。リクログの「かゆいところに手が届く」的機能~自動アラートメール

堀江様 : また、要所要所で届くアラートメールが、とても便利です。
以前は、全国各拠点の候補者情報や合否結果については、本部から各担当者へ、その都度連絡していました。各拠点で多数の選考が同時に進捗していて、多忙を極める時期は、特に情報の取り違え伝達漏れ・忘れが心配でした。

それを解放してくれたのが、リクログの「リクルーター専用画面」と、アラートメールです。
各拠点の面接官(リクルーター)をリクログに登録すると、この専用画面とアラートメールが利用開始できます。簡単です。登録さえしておけば、リクルーターは各自の画面をのぞいて、担当している選考者の最新情報をキャッチアップしてくれます。
アラートメールは、例えば 面接の前日や、合否結果が未入力のまま経過している時、リクログのシステムからリクルーターへ自動的に送信されます。
応募書類も、面接時刻も、応募者からのメール内容も、我々本部からわざわざ連絡・送付してあげる必要は無くなりました。

【企業概要】
レバレジーズ 社名/レバレジーズ株式会社
設立/2005年4月6日
資本金/5,000万円
代表者/代表取締役 岩槻知秀
事業内容/自社メディア事業、人材関連事業、システムエンジニアリング事業
所在地/東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ17F
URL/レバレジーズ株式会社様ホームページ:http://leverages.jp

  •