導入事例紹介

株式会社ノジマ様

  • 【採用概要データ】
  • 業種:家電販売
    種別:中途採用・アルバイト採用

業務効率が約5倍に!
増え続ける採用数も、頼りになるリクログで達成。

IT・デジタル専門店を展開するノジマ様は、接客スタッフなどのアルバイトおよび中途社員の採用業務においてリクログをご利用中です。ノジマ様が継続的な新規出店を開始したのは数年前。ちょうどその頃から、メーカー派遣要員制度の廃止、エコポイント制度、地デジ移行に向けた新型テレビ商戦など、同店舗をとりまく環境が大きく変化しはじめました。こうした変化に直面するたびに、接客スタッフ増員が急務としてのし掛かり、求人広告を出せば膨大な数の応募が押しよせる。こうした状況下で、適切かつ効率的に選考業務を行うことが困難になっていたと言います。リクログ導入に関する詳しいお話を、人材開発グループ リーダーの田中様に伺いました。

短期間で大量の採用を。非効率な体制をリクログで刷新。

― まずは、リクログをご導入いただい背景を教えてください。

「弊社では採用人数が多い上、限られた短い期間で速やかに採りきることが求められます。(※1
例えば“来月の新店舗オープンまでに200人”とか“商戦が始まるまでに300人”という具合です。そのため、ひとたび採用が始まると夢中で選考作業をする毎日を送ってきました。
それと言うのも、当時導入していた某システムにも原因がありました。データベースへの情報入力、店舗への面接依頼連絡、応募者への合否連絡などの支援機能が何も無かったので、1件1件手作業で行わねばならなかったんです。応募が数百件も集中した時は非常に時間がかかってしまうなど、あまりにも効率が悪かった。
これらの作業は、信頼のおける担当者に限定してはいたものの、人の手で扱っている限りはセキュリティリスクが在るのも気掛かりでした。また一方では、この先さらに採用数が増えることを考えると、担当者に限らず誰でも操作可能な体制にしたいとも思い、そんな矛盾した願いをもっていました。 いつまでもこの運用のままでは改善しないと見切りをつけて、新しいシステムを探しはじめたんです」

― そして、「リクログ」に可能性を感じてくださいました。

「いわゆるASPシステムを導入する以上、こちらの都合に合わせて設定の変更・調整をすることは、予算の問題もあって諦めていました。しかし意外にもリクログは色々とアレンジが可能で、基本機能も豊富なので、希望していたことはほぼ叶いました。特筆すべきは、“書類選考後 合否判定を入力して、配属店舗へ面接依頼のメールを送る”、これを一連の動作で行えるようになったことです。作業手順がスリムになって、もの凄く作業時間の短縮になりました」

「それまでが原始的な運用だったということもありますが、決して誇張でなく、応募情報を処理する能力が5倍位になったと思います。体感で言えば、有能なアシスタントが2人稼動しているのと同じ程度。これはお世辞じゃないですよ」

(※1)近々の実績では、10年末のエコポイント対策で2,000名、10年春商戦対策(エコポイント対策)では600名、10年夏の地デジ対策では1,000名という、短期間での大量募集をリクログで管理。

豊富な機能を活用して、更なる生産性向上を目指す。

― また、各機能をどのように活用しているかを具体的にお話してくれました。

■入社時研修の連絡■

「合格者を研修へ呼び込む際に一括メール配信機能を使っています。対象者が数百人単位でいても、1アクションで一気に連絡できるので、本当に楽です。昨年同時期の採用もやはり大人数だったのですが、当時はお一人お一人へ電話で連絡したんです。当時の電話部隊は皆すっかり喉を潰していましたが、今年からは電話部隊は必要なくなりました」

■重複チェック機能■

「従来から、求人サイト、求人誌、自社採用サイトなど複数の応募経路があり、応募情報はすべてひとつのデータベースに集約していましたが、それにも関わらず重複者の洗い出しが出来なかったんです。リクログ導入後に総チェックを行ったところ、再応募者(過去落選者)があまりに多かったので、これには驚きました。忙しい合間を縫って面接してくれる店長へ、過去落選者を送り込むなどできませんから、今では毎日重複チェックを行っています

― そのほか、リクログを導入したことによって変化はありましたか。

「何と言っても、時間に余裕が生まれたことが大きいですね。以前は、応募者対応や店舗へのメール送信が夜になっても終わらず、作業を自宅に持ち帰ることがしばしばありました。しかし今では必ず勤務時間内で片付けられるので、おかげ様でそのようなことはパッタリ無くなりました。採用数はどんどん増えてるにもかかわらずです。むしろ時間に余裕ができたので、もっと採用業務の能率が上がることを目指して、『リクログをこう活用したらよいのでは』『こういうこともリクログで解決できる』などと、メンバー間でアイデアを出し合っています」

【企業概要】
ノジマ様 社名/株式会社ノジマ
設立/昭和37年4月
資本金/4,323百万円(2011年3月時点)
代表者/代表執行役 野島廣司
事業内容/家庭用電気製品の販売
所在地/神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3
URL/ノジマ様ホームページ:http://www.nojima.co.jp/
キャリア採用ページ:http://www.nojima.co.jp/recruit/parttime/

  •